片づけコンサルタント~北陸・富山で片づけ~

    片づけコンサルタントとして片づけについて書いていく     「依頼する」 HP http://tanitsukasa.wix.com/seisatsu

カルタヅケ 「た」

カルタヅケ 「た」




たいけいに あったいるいを てにいれる



f:id:tukasatani:20150806103626j:plain



衣類を”ときめき”だけで

選んで手に入れてしまう人がいる。



確かに、

衣類を”ときめき”を感じるかという基準で

手に入れるかどうかを決めることは、

衣類をたくさん持つことを

防ぐことにおいて

有効なこと
だろう。

価格に魅かれて

手に入れることよりましである。


ただ、

そのときに注意したいことは、

衣類が

自分の体型に合っているかどうかを

考えること



体型に合わない衣類は

着ない(使用しない)ことが多い。

体型に合う合わないは、

”使用”の基準を考えることに

つながる。



モノの分類は

”ときめき”・”使用”の基準で

行うこと(片付け原則)
に、

のちのちつなげることを大切にしてほしい。

衣類を手に入れるときに、

”ときめき”・”使用”の両方の基準で

残したいと思えるモノを選ぶことが

日常生活における片付けを

うまくすすめることに有効である。


はたして

体型に合わない衣類を着て、

自分にとって大事な人に会いたいだろうか


”ときめき”を感じるだろうか。



衣類のサイズを

XS、S、M、L、XLなどで分ける

分け方が、

アパレルショップで蔓延しているが、

それは既製品だから。


痩せたい、筋肉をつけたいという

体型を変えたい願望は分かる。

しかし、

だからといって

自分の体型より

小さい衣類や大きい衣類を

手に入れることはない。

願望は願望として持っていて

まずは自分の体型を

受け入れよう。

自分で自分を認めることが

片付けにおいては優先である





一人ひとりの体型は異なるのだから

一人ひとりに適した大きさの

衣類をつくることが理想である。


つまり、

オーダーメイドの衣類を着ることが

理想である。


しかし、

オーダーメイドの衣類を手に入れることは

金銭面、時間面などにおいて

難しい状況である人が多いだろう。


既製品でもせめて、

XS、S、M、L、XLなどのサイズで

自分に合ったサイズを選び、

自分に合ったサイズがなければ、

いくら”ときめき”を感じていても

手に入れることは控えよう


そのときに

自分に合った衣類が見つからなくても

衣類は毎日

デザインされ、製造されているのだから

必ず自分の体型に合った衣類は

見つかる。


衣類においては、

「小は大を兼ねない」ことはもちろん、

「大は小を兼ねない」
ことを再認識しよう。



自分の体型に合った衣類を手に入れて

自分にとって大事な人に会おう。





体型に 合った衣類を 手に入れる


(ヴァンドーム BELLE より)

 

 

JALO logo
 
 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山(市)情報へ
にほんブログ村